>

油を浮かせる方法がある

使い終わったフライパン

料理が終わったら、フライパンを水に浸けておきましょう。
さらに洗剤も溶かしていれば、油を浮かせてくれるので簡単に洗えます。
食事している間は、水に浸けておくと良いですね。
食べ終わって後片づけをする時に、洗剤をつけたスポンジで擦ってください。
力を入れなくても汚れが落ちるので、負担を減らせます。

フライパンを放置していると油汚れがこびり付くので、力を入れて擦らなければいけません。
負担も増えますし、後片付けの時間が長くなります。
早く後片づけを終わらせて、自由な時間にしたいですよね。
自由な時間が増えると、他の家事も効率良く進みます。
掃除や洗濯の時間に回しても良いでしょう。
時間を有効に使って、家事に取り組んでください。

すぐ水に浸けること

使い終わったら、すぐ水に浸けることがポイントです。
油が空気に触れている時間が長くなると、フライパンに染み込んでしまいます。
忘れないよう使い終わったら、水に浸けることを徹底してください。
また余裕があれば冷水でなく、お湯を使うことをおすすめします。
お湯の方が、油汚れを分解しやすいので後片づけが楽になります。

後から付けの方法を前もって、頭の中に入れておきましょう。
すると料理が終わってから、冷静に対応できます。
何をすれば良いのかわからないと焦って、フライパンに油を入れたまま放置してしまう可能性があります。
効率の良い後片づけの方法を、調べておきましょう。
まだ慣れていないうちは、メモに残してキッチンに貼ってください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る